読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年お世話になった服達

ファッション

今年は私にとってオシャレ元年みたいなもので、

改めて洋服って良いな、楽しいなと思えた一年でした。

そんな一年でいくつかアイテムを購入してきましたが、

とにかく使い勝手が良く、困ったらコレを使っていた

そんな今年特にお世話になったアイテム達をご紹介したいと思います。

一応それっぽくランキング形式で参りましょうか・・

 

まずは第3位

 

■首のチクチクをおさえた洗えるタートルネック

f:id:Timmons:20161012001914p:plain

出典:http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738298144

以前にご紹介させていただきました、

無印良品タートルネックセーターです。

こいつは何よりも首の圧迫感やちくちく感が少なく、

着心地という点で最高でした。

しかし着心地という点でだけでなく、

何にあわせてもかっこよく決めてくれるアイテムだったのです。

重要なのは写真の色「オートミール」。

これがアウターの色との合わせにおいて、

黒はもとよりネイビー、キャメル等と組み合わせても

違和感無くまとまってくれる万能色なんですよ。

個人的にはテーラードジャケットとこのタートルネックセーター

の組み合わせが一番かっこよくきまりました。

テーラードジャケットと言うと良くある組み合わせが

f:id:Timmons:20161211230248j:plain

出典:http://www.casual-formen.net/age/40age.html

インナーにVネックのTシャツを合わせることだったりするんですが、

街で見かけると鎖骨が見えて下品に見えてしまいます・・・。

(よくやる方には大変失礼かもしれませんが・・)

俺決めてるぜ感がどうしても出やすいんですよね。

なので逆に肌を見せないタートルネックの方が上品にまとまるような気がします。

f:id:Timmons:20161211230715j:plain

出典:http://topicks.jp/images/849899

これ偶然にもモデルさんが同じみたいなんで比べて欲しいですね。

確かに好みはあるかもしれません。

しかしどっちが上品かと言われるとタートルネックと答える方が多いはずです。

やんちゃなのはVネックかもしれませんが(笑

テーラードジャケットタートルネックの組み合わせは

品よく見せつつもかっこよさをアピールできる素敵な組み合わせです。

是非やってみて欲しいです。

 

すみません、話が逸れてしまいました。

続いて第2位

 

■ヌーディージーンズ THIN FINN

f:id:Timmons:20161208005349j:plain

出典:http://item.rakuten.co.jp/auc-amalfi/35161-1104-934/

こちらも前回ご紹介させていただいたヌーディージーンズ。

その中でもシンフィンというモデルの

ノンウォッシュ・紺タイプのものを購入しました。

使い勝手の良さは折り紙つき。

白シャツやパーカーと合わせても様になりますし、

コートと合わせてもかっこよく決まります。

まさに万能ボトムス。

金額は2万4千円ほどしましたが、それだけ価値のある商品でした。

まだまだ着ていく所存でございます。

ジーンズは他にもっと安いもので素晴らしい商品もあるかもしれません。

しかし色々探して結局見つからなかった・・なんてことになるくらいなら

このジーンズを買っておけば間違いないと思います。

いざというときの勝負服にもなる事請け合いです。

 

そして栄えある第1位は・・・

 

 

 

 

 

 

■GU スエードタッチローファー

f:id:Timmons:20161211233117j:plain

出典:http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/276237

ファストファッションの雄「GU」でございました!

パンパカパーン!!おめでとう!

このアイテムはとにかく履き倒しました。

というのも購入したのは8月頃だったのですが、

12月の現在まで使ってるのです。

夏の暑い時期から冬の寒い時期までとにかくこいつを使いまくりでした。

そんな長い間足元をカバーしてくれた頼もしい味方。

(正直この時期には季節感があまりないかもしれませんが)

ローファーを買ったのはコレが初めてだったのですが、

とにかくまぁ履き脱ぎが楽だこと楽だこと・・・。

ローファーと言う言葉は元々「なまけもの」と言う意味だそうで

なまけもののように簡単に履けるというところからきていますので、

その言葉通りスルッと入り脱ぐ時もスルッと脱げる優れもの。

紐もないので紐が解ける心配も無く、とにかく楽です。

 

またこの商品のフォルムに注目して欲しいのですが、

かなりコンパクトにまとめられています。

足先がだぼっとしているわけでもなく、かといって細すぎる事も無く

ちょうどいいバランス。使いやすい秘密はそこにあるのでしょうね。

また値段もめちゃめちゃお得。税抜きで約2500yen。

フェイクスエードではありますが、それを抜きにしても安い。

正直フェイクといってもあまり気になった事はありませんね。

実はモノホンのスエード靴を履いた事がないので履き心地に関しては

えらそうな事をいえませんが・・・悪くは無かったです。

サイズ展開が1cm感覚しかないのが惜しいですけどね。

正直ちょっとサイズ感に余裕があったので、

あと0.5cm小さければもっとジャストに履けたと思います。

とは言え今年(と言うか今年の後半)一番お世話になったアイテムです。

現在は売り切れになっているようですが、来年また販売された際には是非。

 

※どーやら新作として再び販売されておるようです。Check it!

www.uniqlo.com

 

 

シューズの話で言えば、

個人的な感覚でいうと、靴ってそんなにたくさん必要ないと思うんですよ。

極論で言えば黒の革靴と、白のスニーカーがあれば事足りてしまいます。

キメ要員の黒革靴、そして足元外しとして白スニーカー。2足でなんとかなります。

それがここ一年で感じた事ですね。

私も今思えば靴に関してはほとんどGUのローファーと

白のジャックパーセルしか使っていなかったなぁ。

靴もカラフルなものやボリュームのあるもの

ハイテクスニーカー等ありますけれども、

初心者の方やファッションにそれほど興味がない人なんかは特に

その2足あればだいたい問題ないでしょう。

どちらも合わせ易いですし、あとはトップスボトムスで色々表現できます。

なのでその2種類は持っていて損はありませんから、

是非そろえちゃってください。

白シューズとしての代表はアディダスのスタンスミス辺りが

間違いなく良いかと思います。

zozo.jp

 

以上今年お世話になったアイテムでした。

特にローファーには感謝の気持ちを伝えたいと思います、ありがとう。