I saw 「Uniqlo U」 in 2019 AW

まだまだ先かなぁと思っていたら、もうこんな季節です。

最近は雲も秋っぽく薄めになり、

気温も朝晩は肌寒いくらいになり、秋が始まりそうです。

そのいいタイミングでユニクロユーの秋冬シーズンがスタートしました。

今回も何気に楽しみだったので、ご報告です。

(10/12に起きた台風による被害を受けた方々の安否が現在も心配ですね・・)

 ~アウター編

■ボアショートブルゾン

f:id:Timmons:20190926000652j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/420429-36

まずは暖かそうなショート丈アウター。

これは確かにあったかいです。内側はもこもこです。

腕回りにはもこもこがなく、考えられています。

(今どきはふつーなのかな)

首回りにももこもこがあるのがいいですね。

一枚でも様になるようなアイテムです。色は黒のが使いやすいでしょう。

インナーとのレイヤーを楽しみたいですね。

 

コーデュロイジャケット

f:id:Timmons:20190926001002j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/421269-38#colorSelect

コーデュロイ素材のアイテムは今回が初めてですかね。

雰囲気のあるジャケット。なんですけど、

正直テーラードジャケットはもう一つのノーマルのがいいかなぁ。

ちょっとやぼったい素材感なのですよね。

あとはゆったりシルエットも手伝ってるのかも。

個人的に買うならボトムスのコーデュロイパンツでいいかな。

 

テーラードジャケット

f:id:Timmons:20190926001259j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/420431-08

毎度出ているテーラードジャケット

ここ何回かは裏地もついてしっかりとしたジャケットに。

相変わらずいい色味のグレーです。

だけども、正直春夏の時のほうが、素材感もシルエットもいいような気が。

高級感は前回より劣るような気がします。

 

それ以外のアイテムでいえば、コート類。

最近はオーバーサイズ化により、着丈も大幅アップ。

ちっさい人間には厳しい時代となりました(笑

Pコートも気になりましたが、でかいっすねぇ。

WOMANのPコートも気になってましたが、やっぱしでかいかな。

もうちょいフィット感のあるPコートが欲しいこの頃です・・。

 

 

~セーター・カーディガン編

 

■チェッククルーネックセーター(長袖)

f:id:Timmons:20190926001802j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/421256-68

この色味がいいなぁと思って試着しましたが、

着丈が短め。そしてなによりチクチクします。

今どきは素材やシルエットがよくても着心地が悪くちゃだめだと思います。

結局着ることがストレスになっちゃうと着る回数も減ります。

デザインが良いのは大事ですが、着心地の良さも大事。

最近痛感しております。

 

■メリノブレンドタートルネックセーター(長袖)

f:id:Timmons:20190926002058j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/421251-09

タートルネックセーター。生地感はなかなか良いです。

そしてこのブラウンの色味が好き。

今期は裾にスリットも入っていて、細かな気遣いがうれしい。

なんですが、一番肝心のタートルネックの部分。

これがまた長い、そしてきつめ。

以前もユニクロユーのタートルネックニットを買いましたが、

そこがすんごくストレスでした。

今期も同様に首回りの締め付けが強めで、長時間使用は

おそらくストレスがかかるかと思います。

いやぁ、惜しいなぁ。

 

■ミラノリブカーディガン

f:id:Timmons:20190926002539j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/421254-08

ユニクロユー得意のミラノリブシリーズ。

今期のミラノリブは生地に厚みがあり、悪くない品質です。

さらにお得意のこの青みがかったグレーも素敵です。

今のカーディガンはアウター感覚で緩めに着るのが正解と思うので、

ちょっと大きめを選びたい。

しかしそこで見てほしいのが袖。

腕がほぼ隠れちゃってるんですよね。

これはジャストサイズでもこんな感じなので、

サイズを大きくすると全部隠れちゃいます。いわゆる萌え袖。

まぁめくればいいんですけど、毎回めくるのはめんどい・・。

ということでこれまた惜しい感じですね。

 

3Dニットに関しても、正直チクチク感が気になる。

モックネックなのでなおさらですね。

あと気になったのは値段。

前より1000円くらい高くない?!

タートルネックニットは、以前4000円くらいだったような気がするんですが、

今回は約5000円。それだけ品質向上してるのかなぁ。

 

 ~シャツ編

■ワイドフィットチェックシャツ(長袖)

f:id:Timmons:20191009005331j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/422038-31

前回もあったチェック柄のシャツ。

色的には画像のダークブラウンといった趣のタイプがいいですね。

チェックですがシックに着ることができそうです。

生地感も柔らかめで悪くない質感。

しかし相変わらずの着丈の長さ・・。

オーバーサイズ化に伴い横幅が広くなるのはいいんですが、

着丈が長くなるのはしんどいっすわ。

ちっさい人間にはこたえますね。

 

フランネルチェックシャツも着丈が長くて、アウターみたいな感じ。

シャツらしく着たいのであんましでした。

 

 

~Tシャツ・スウェット編

■クルーネックT(長袖)

f:id:Timmons:20191009010346j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/419548-38

ベーシックなロンT。

ほどよくゆったりで、一枚で着てもある程度様になっちゃう素晴らしいアイテム。

生地もしっかりしていて、へたれにくそうです。

一人一枚レベルで買ってもよいんじゃないでしょうか。

巷ではダークブラウンの色味が好評のようですが、

個人的にはブラウンの色味が素敵です。

ボトムスの色が濃くても薄くても合わせられる色味ではないでしょうか。

 

タートルネックT(長袖)

f:id:Timmons:20191009005818j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/419547-24

タートルネックのカットソー。

こいつが結構普通なようでいけてます。

通常のクルーネックロンTがまずあって、

それもクオリティが高いんですが、こっちも素晴らしい。

一番の違いは生地感。

がさっとしたクルーネックTに比べてつやつやなのがこっちのTシャツ。

それによって通常より高級感を感じることができます。

クルーネックかタートルネックかの違いですが、

生地も変えて作るこだわりっぷりが流石です。

そしてネックも緩めのタートル。

タートルネックニットはきつきつでしたが、

これくらい余裕があると着心地もよいです。

タートルネックを買うならこいつで決まりでしょう。

また、インラインのTシャツと比べると、発色がいいのがわかります。

ぜひ比べてみて下さい。

 

■スウェットプルパーカ(長袖)

f:id:Timmons:20191013111618j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/419545-34

毎回一定の評価を得ているパーカ。

一年前のAWとほぼ一緒の生地にシルエットですかね。

違うところは今回のほうが裏地がきれい?(笑

ユニクロアプリのコメントを見ると、

前回のほうが粗目で洗うとインナーについたりしたという報告もありましたし。

そこは改善されているんでしょうかね。

あとはリブが堅めですね。

腰回りのリブも固いので、服が上に上がっていきやすいかもしれません。

その分型崩れしにくそうなところではあります。

私は低身長ですが、毎度Lサイズ買っています。

着丈が短く、リブがあるためずり上がってしまうからです。

今回も着丈を気にするなら大きめのほうがよさそうです。

色は今回初めての色合いであるブラウンですね。

こいつはいい。パーカと言えばグレーですが、

個人的には今回のブラウンのが使いやすい色かと思います。

 

■フリースシャツジャケット(長袖)

f:id:Timmons:20191013112355j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/419542-32

シャツとありますが、厚み的にはアウターですね。

ちょい緩めのシルエットと表情のある生地が特徴。

秋にはメインジャケットとして使えそうです。

色味はベージュが面白い。

ノーマルのベージュってアウターとして使うのは

結構難しかったりします。

(膨張色ですし、ミリタリーっぽさもあったり、可愛らしいイメージもあったり)

ですがこいつはウールとフリースの混合生地で

ベージュと黒が混ざったような生地。

それによりノーマルベージュよりも締りのある色味に。

故に使いやすさもUPしています。

まぁ使いやすさでいえば黒とか茶なんですが・・。

明るい色のアウターに挑戦できるアイテムといえますね。

ユニクロとしては高いような気がするのでためらいはありますが。

自分のワードローブを一度考えて、

本当にたくさん着用するのか、一度イメージしてから考えてもよいでしょう。

サイズとしては、ちょっと大きめなので、

ワンサイズ小さ目のがいいのかなと思うんですが、

私の場合XSになっちゃうので試着できずでした。

うむむ、そろそろフルラインナップ店舗くらいにはサンプルで置いてほしいなぁ。 

 

■防風フリースジャケット(長袖)

f:id:Timmons:20191013113322j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/419551-38#thumbnailSelect

個人的に期待していたアウター。

秋冬でメインで使えるんじゃないかと思っていたんですが・・。

うむむ、まず裏地がない。静電気がきになりそうだなぁと。

あとは腕回り。だいぶゆったりした作りです。

そして長さもあり、手が隠れちゃいます。

これだけビッグだと着せられ感が出てしまいますね。

モデルの人でも萌え袖ぎみなのに、普通の人間が来たら

どうなることか・・。

 

~パンツ編

■ワイドフィットテーパードコーデュロイパンツ

f:id:Timmons:20191013114114j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/421162-34

今回初となるコーデュロイパンツ。

ゆるめではありますが、テーパードのおかげでダボ感はそこまでないです。

またダークブラウンの生地感がいい。

黒を洗いざらして色が落ちた感じで、良い表情があります。

長さもロールアップ1、2回ぐらいでちょうどよいかな。個人的には。

しかしもう10/13現在売り切れてますね・・。

あとはドライクリーニングってところがネックかな。

もうちょいラフに使いたいですよね。ユニクロのいいところはそこだから。

毎度ドライクリーニングはちょっと面倒かも。

 

■ワイドフィットタックテーパードパンツ

f:id:Timmons:20191013114744j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/420664-31

もうおなじみですかね。チノ素材のテーパードパンツ。

AWでのツータックはたぶん今回が初。

それだけゆったりトレンドが進んでいるという事でしょうか。

タックとは「ひだ」のことで、

それだけ腰回りにゆとりを持たせているからです。

それと少しずつではありますが、前回よりもワイド化してる?

そんな印象は持ちました。

毎度同様のアイテムですが、細かい調整は入ってるかもしれません。

ベージュもいいですが、ダークブラウンもなかなか。

ブラウンというよりは濃いめのオリーブって感じです。

 

 

以上、一通り気になったアイテムをご紹介しました。

総括?としては、

今回萌え袖アイテムが結構多かったですが、

個人的にはあんましでした。

また、最近のユニクロユーは、値上がり気味な印象。

ニット類は特にそう感じます。ブランド力が上がってきたからかな。

しかしその分のクオリティUPは正直感じないかな・・。

値上がりする場合は、もうちょい生地なりシルエットなりをこだわってほしい。

消費者目線としては、今回すでに完売のアイテムもありますが、

全店舗展開のアイテムは、おそらく売れ残りも多く、

安くなる可能性が高いです。

いくつか挙げてみると、

・3Dプレミアムラムモックネックセーター(長袖)

・クルーネックT(長袖)

タートルネックT(長袖)

・フリースシャツジャケット(長袖)

あたりかな。

おそらく値下がりするので、慌てることはないです。

気長に待ちましょう(笑

 

また、最近発売されたエンジニアドガーメンツのコラボも、

まだ見てないですが、

おそらく在庫は潤沢にあるんじゃないかと。

前回のポロシャツで慌てて買いましたが、

オンライン在庫潤沢だったので・・。

そもそもですが、我々はそれに振り回されずに、

本当にいいと思ったら買えばいいと思います。

さっきと言う事矛盾しますが・・(笑

安くなることが確定してるのは安いほうがいいですし、

わからんもんはよく吟味してってことかな。

まぁ何はともあれコラボを楽しみましょう。