最近の無印は攻めてる

無印良品といったら無難であり、ベーシックなファッションアイテムが多いイメージです。

そんな無印もMUJI LABOを何シーズンか行っていて、

その中ではかなり攻めたアイテムを作っています。

MUJI Labo 通販一覧ページ | 無印良品

その影響がどうやら通常ラインにも表れてきたようです・・。

 

■二重編みビッグシルエットTシャツ

f:id:Timmons:20190313001558j:plain

https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4550182061444?searchno=17§ionCode=S10902

その一つがこちら。

ビッグシルエットのTシャツ。

これ試着しましたが、半端なビッグシルエットじゃございやせん。

くそでかいです。

ユニクロユーでもビッグシルエットのTシャツありますが、

その比じゃない。

着丈も腕回りも身幅もでかいです。

これは間違いなくビッグシルエットと呼べますわ。

いやー攻めてますね(笑

生地感もポリエステルが混紡されていて、つるつるしてます。

肌触りは気持ちよいですね。

それによりしわも生まれにくく、服のシルエットが生かされる素材です。

またサイズについても、

MUJI LABOで採用している

「S-M」「L-XL」という2サイズのみ。うむ、大雑把・・。

これが地方の普通の無印良品のお店においてあるから驚きです。

やはりMUJI LABOの影響なんでしょうね。

実験的に作ったアイテムを通常ラインでも生かす。

ユニクロもコラボで得た経験を通常ラインで生かしたりしてますしね。

非常に面白い試みだと思います。

 

もう一つおもろいアイテムが

■新疆綿オックススクエアカットシャツ

f:id:Timmons:20190313003206j:plain

https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4550002892227?sectionCode=S10205

新疆綿(しんきょうめん)と呼ぶっぽいです。

ギザ、スーピマと並ぶ高級綿だとか。

しかし面白いのはそのシルエット。

身幅がワイド気味で、着丈が短いということ。

これもおそらくMUJI LABOで培ったものなのでしょうね。

通常の無印ではおそらく出てこないようなアイテムなんじゃないかなと思います。

これは面白いです。また、よく見ると襟の形も一味違うし、こだわりを感じます。

生地も普通のシャツより厚みがあるため、

羽織のアウターとしても使えます。

というかそのほうが使いやすそう。

着丈の短さが、デニムジャケットのそれと似ているので、

インナーにも気を使う必要がありますが、

だからこその面白さでもありますね。

色はネイビーが使いやすそうですが、

ライトベージュなんかもよさそうです。

f:id:Timmons:20190313003841j:plain

この色は見に行った時にはなかったんですが、気になりますね。

追記

見に行きましたが、ベージュっぽいベージュでした。

この写真よりも薄いイメージですね。

ちなみにこちらもサイズは

「S-M」「L-XL」という2サイズのみです。

 

見に行って感心したのはこの2アイテムですが、

今後も通常ラインで攻めたアイテムが出てくるかもしれません。

いやぁ、面白くなってきましたねぇ。

最近のファストファッションは、

ユニクロや無印などでは特に、工夫や変化がみられ、

単なるファストファッションではなく、

それぞれ独自の売りを見つけようとしているように思います。

どこもある程度同じようなアイテムになってしまう現代において、

そんな変化を求めるブランドが今後も生き残るのでしょうね。

そんな動向を今後も見守りたいですね。

しかし気になるものが多すぎて、

迷うというぜいたくな悩みも生まれそうです(笑