カラーニットキャップでワンランク上のコーディネートを目指す

いよいよ寒さが厳しくなってまいりました。

こんな時期には多くの方がコートなどの暖かいアウターを取り入れていると思います。

そんでおそらくですが・・・

多くの方が持っているアウターははブラックやダークグレイなどの暗い色になるでしょう。

またボトムスも黒やネイビーなどの暗い色の方が多いんじゃないでしょうか?

そうなるとモノトーン・重い・そんなコーディネートになりやすい。

(インナーや靴で色を使うことは可能ですけれども)

明るい色がどこにも使われなくなり、少し地味に感じたり、

コーディネートに飽きてきたりするかもしれません。

そんな時にあると便利なのがカラフルなニットキャップ。

 

f:id:Timmons:20161218014631j:plain

出典:http://item.rakuten.co.jp/od-tengoku/mbl-1108381/

こんな感じの色の付いたキャップを被るだけで、

地味な印象を変えることが出来るお手軽アイテム。

冬の服装ってどうしても色をあまり使わないことが多いです。

そこで帽子に色を使ってあげるとワンランク上のコーディネートが完成します。

f:id:Timmons:20161218015139j:plain

出典:http://b-o-y.me/archives/9840

具体的なコーディネートだとまさしくこんな着こなしですね。

上下とも黒に近い色で地味になりがちなところを、

赤いニットキャップでハズす。いわゆる「差し色」ってやつでしょうか。

これでニットキャップを試しに手で隠してもらえれば違いが分かるはずです。

どうでしょう、ちょっとオシャレ感ありませんか?

あれ、なんかオシャレだなぁと思わせることが出来ると思います。

このコーディネートの良いところは小物一点のみでイメージを変えられるところ。

アウターやボトムスで色のあるものをいくつも買うなんてお金がいくらあっても足りませんが、帽子ならばそこまでお金がかかりません。

いくつか持っておいて気分によって赤、青・・・と帽子だけアイテムを変えられるもの利点ですね。

またこんな着こなしは帽子だけでなく首の巻物でも同じことが言えます。

f:id:Timmons:20161218020111j:plain

出典:http://beauty-matome.net/fashion/navymosg.html

全身黒に緑のマフラーを持ってくることで地味な印象を払拭できます。

ただ、男性がマフラーやストールを取り入れるのって、

意外と面倒って方が多いんじゃないかなぁと思うんです。

巻き方も色々あるし、取り外す機会も多かったりで・・・。

それに比べてニットキャップは男性でも取り入れる人も多く、

被っちゃえばずっとそのままですし、楽ですね(笑

なので取り入れやすい帽子のほうがお勧めだと思っております。

私自身もマフラーとかストールとかスヌードあまり持ってないので・・・。

(正直欲しいんですが、柄物とか種類が多すぎて迷いますねぇ)

 

■原色だと難易度が高いような気がする

ここでちょっと注意なのが、その帽子の色についてです。

赤、青、黄色、緑、ピンクなど原色カラーはありますが、

原色カラーをしようするとちょっと難易度が上がるのではないかと思います。

ネットでそんなコーディネート全体の写真ないかなぁと思って探して見ましたが、見つからず・・。

f:id:Timmons:20161218022007j:plain

出典:http://item.rakuten.co.jp/hat-trick/item-00775/

お顔だけですみません・・・。

例えばこんな真ピンクのキャップ。

女性がかぶればかわいらしい印象になりますが、

男性がかぶってたらどうでしょう?

おそらく「人による」という答えになるかもしれません。

 

明るいキャップはその人の顔に視線が誘導されます。

故に帽子の色とその人の顔とがマッチしているか。

そんな難しい話になってしまう可能性があります。

もちろん原色でなくてもキャップに色が多少なりともあれば

「似合ってる似合ってない」は人それぞれ感想を持つでしょうけれども、

原色を使用するとインパクトが強いので・・。

それ故に色が派手すぎると人によっては

「ダサい」とか「センスがない」とか思われる可能性が高くなると言う事です。

なので明るい色を選ぶにしても、ちょっと抑え目を選んだほうがいいんじゃないかと・・・。

例えば「赤」だったら真っ赤なものではなく

f:id:Timmons:20161218023542j:plain

出典:http://shop-list.com/men/rockste/606881/

ワインレッドと検索したらこんな色が出てきました。

真っ赤に比べて派手さはないですが、ダサいと言われる可能性も

おそらく減るんじゃないかなぁと。

ここら辺は本当にさじ加減だと思いますが・・・。

そんなバランスがファッションの難しさですねー、しみじみ思います。

黄色なんかもまごう事なき黄色だとかなり難しいですが、

f:id:Timmons:20161218023846j:plain

出典:http://www.osharemania.jp/?pid=97045971

これは「マスタード」で検索したらでました。

コレくらい落ち着いた色だとちょうどよいバランスなのではないでしょうか?

用は全身で見た時に、帽子だけ浮きすぎてないか?ということです。

正直原色でもいいじゃん!と思われる方もいらっしゃると思います。

ただ街で偶然真っ青なニットキャップを被っている方がいまして、

ちょっと違和感と言いますか・・ふと派手だなぁと思ったんです。

なのでそこは本当「人による」んだと思います。

少しでも違和感無く取り入れられるのが

原色をくすませた色・・・というんでしょうかね、

カラーを抑えたものなんじゃないかと感じました。

 

最後にカラーニットキャップの着こなしは、

ニットキャップ以外のアイテムの色は抑えるのが一番様に見えると思います。

あちこちカラフルだと原宿系のそれになってしまいますし・・。

アクセントはあちこちに入れるより一箇所どどんと入れるほうが

洗練されて見えるんじゃないかなぁと思います。

 

ニットキャップは各ブランドそれほど形、デザインに大きな違いはありませんし、

一番取り入れやすいアイテム。

 好きな色を帽子で取り入れてみてはいかがでしょうか?