登山のファッションについて

突然ですが、登山においてファッションは意味のあるものでしょうか?

私はそこそこ登山に行く方なのですが、登山中にすれ違う方の服装は何気に見ます。

挨拶を交わす最に、ちらっと。

そこでの第一印象は声と顔なのですが、服も見てないようで見てます。

ですから登山の服装にも気を使えたらよいなぁと思っています。

正直笑顔であいさつされると何よりほっこりするので、

服装よりもあいさつが印象を左右するのが本当のところなんですが・・・(笑

 

 

■基本的な考え方は街着と変わらない?

街着においては(これまたMB氏の理論が出てきてしまうのですが)

トップスが印象を変える

ボトムスが印象を整える

ということだそうで、土台をしっかりすれば変なコーディネートになることはないといいうことです。

用は・・

f:id:Timmons:20160720235036j:plain

出典:https://lookastic.com/men/looks/blue-denim-jacket-black-skinny-jeans-dark-purple-leather-derby-shoes/3994

このように下半身を黒で細身にする事で、上半身に目が行くように仕向けています。

(靴も同系色でシンプルなものにしている)

登山の服装においてもこの理論は通じるんじゃあないかと。

 

例えば・・

f:id:Timmons:20160720235527j:plain

出典 http://outdoorfashion.ldblog.jp/tag/%E7%99%BB%E5%B1%B1?p=6

これは上半身も下半身もカラフルで正直ごちゃごちゃして見えますよね?

どこに目をやったらいいかわからない・・。

オシャレなようにはなかなか見えないかと思います。

対して・・

f:id:Timmons:20160720235934j:plain

出典:http://matome.naver.jp/odai/2137090379793309901

こちらは下半身をなるべく地味にすっきりさせています。

トップスは黄色に切替のあるものでまぁまぁ派手ですけど、

下半身を地味にする事により、より全体が洗練されてみるのではないでしょうか。

このようにトレッキングウェアにおいても下半身が肝になると思っています。

 

ちなみに私が最初に購入したボトムス、タイツ、靴はかなり派手でした。

f:id:Timmons:20160721000736j:plain

出典:http://matome.naver.jp/odai/2137090379793309901

全く同じものじゃないですが、タイツはこんなイメージ。

f:id:Timmons:20160721001032j:plain

出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/allforever/al16032029.html

パンツは大体こんなやつ(柄に柄とかどんだけ~)

f:id:Timmons:20160721001255j:plain

出典:http://item.rakuten.co.jp/shoetime/10038291/

靴はKEENのこんな感じのやつ。

(靴においては特にそうですが、こういったごちゃごちゃしたものが異常に多いです

もっとシンプルなものを出してほしいなぁと思いますね・・)

 

イメージできましたでしょうか?!整えるどころか主張しまくっておりました。

これではどうやってもなかなか完成度の高いコーディネートにはならないはずです。

 

■ボトムスの最初の一着(一足)は柄を選ばない

登山を始めたい方、これから始める方などは

まずトレッキングウェアを購入する事になると思いますが、

ボトムスは派手なものを避けて選ぶのが賢明じゃないかなぁと思います。

トレッキングウェアって何故か派手なものが多いんですよ。

理由はよく分かりませんが、街着とは違う開放感みたいのがあるんでしょうかね。

いつもとは違う環境で、せっかくだから服も派手に!とか・・。

その気持ちも分かるような気がしますが、

せっかくだから登山でもオシャレな格好で臨みたいものです。

そこで下半身のコーディネートはあえて地味に、シンプルにしてみる。

ハーフパンツ、フルレングスのパンツでも良いですが、

色は黒かネイビー辺りがよいのではないでしょうか?

そしてあまりダボダボしないある程度細身のものを選ぶ。

これは見た目以外にも、草木を掻き分けたりする際に服が引っかからない等の

メリットもあります。

ハーフパンツの場合、その下にタイツをはくこともあるかと思いますが、

タイツも意外に重要。

私自身柄物のタイツを使ってましたが、意外と目立ちます。

これは不思議な事ですが、例えば上記にあります私が最初に購入した柄パンツと柄タイツを組み合わせると、タイツはそんなに目立ちません。

しかしパンツを無地にした途端柄タイツが目立ち始めます。

鏡に立って違う組み合わせを確認したのでこれは間違いありません。

それだけ柄物というのは人の目に付くものなのだろうと思います。

 

また、トレッキングシューズも重要です。

先ほども記載しましたが、山登り用の靴はデザインが派手なものが多い。

色の切り替えもありますし、ボリュームもありますしね。

(山用ですからある程度のボリュームは致仕方ないですが・・・)

そのなかでできるだけ目立たないものを選ぶほうが良いのでは?と思っています。

シューズにはローカット、ミドルカット、ハイカットなどの種類がありますが、

ボリュームのないものはローカットでしょう。

ですがローカットだと山道もちょっと心もとない事もあるかもしれません。

故にミドルカットがよさそうですね。

ハイカットはやっぱりボリュームがどうしてもありますから、目立つでしょうし。

後個人的には茶色とかくすんだ緑とかは土っぽいといいますか、

芋っぽいといいますか・・・洗練されてないようなイメージがありますね。

やっぱりベストは黒、ネイビーなんじゃないかなあと思います。

 

まとめますと

・パンツは黒、ネイビーで細身を選ぶ

・タイツは黒の無地を選ぶ

・靴は黒、ネイビーでミドルカットを選ぶ

これが最初の一着、一足にお勧めいたします。

(細身、ミドルカットといいましてもまずは試着する事が大事です

特に靴に関しては人それぞれ足の形も違いますし・・

その際は登山用のソックスにきちんと履き替えてから試着しましょう

お店にほぼ試着用のソックスが置いてありますから大丈夫です

ちなみにソックスも黒がオススメ(笑      )

 

逆にトップスに関しては好きな色、サイズ等自由に選んでもOKなはずです。

ボトムスの土台がしっかりできていれば、トップスはどんなものでも変になることはないのではないかと。

 

トレッキングウェアは高い買い物になると思いますから、

選ぶモノも慎重になりますよね。

そこでまずはボトムスを整えれば間違いないのではないのでしょうか。

 

 ■小物も一つ目はシックに

登山において欠かせないもの、それはリュックサックですね。

水分や食料、上着や雨具など持っておかないと危険にさらされることもありますから、

選ぶのも慎重になるでしょう。

大きさに関しては「リットル」で表されますが、初心者の方は30Lぐらいが良いとされているみたいです。

(ちなみに私は25Lです、毎回けっこうパンパンなので30Lでよいかもしれません)

そして大事な色に関してですが、これは「黒」が良いと思います。

理由としましては、何にでも合わせやすいということに尽きるかなぁと。

特にトップスを赤とか黄色とか派手目の色にした場合、リュックも派手な明るい色だと色で喧嘩する可能性があります。

初めてトレッキングウェアを購入したとき、

登山ウェアのお店でリュックとアウターの色がどちらも原色に近いものを選ぶと変じゃないですか?と店員さんに聞きまして、「変じゃないです、全然ありです」と言われましたが、

実際着てみるとやっぱ変じゃないか?と思って若干後悔したものです・・。

リュックに関しても長く使用するものですから、スタンダードなものがよろしいかと思います。

 

また、小物でもうひとつ使用するアイテムが「帽子」です。

専ら日よけがメインですが、コーディネートに変化を加えるものとしても重宝いたします。

そんでどのタイプが良いかというと・・

f:id:Timmons:20160722215211j:plain

出典:http://list.qoo10.jp/item/帽子-アウトドアにも最適テンガロン風ハット-帽子-ハットメンズ帽子レディース-登山-ハット-日よけ帽子-アウトドア-帽子/407279311

ハットがおすすめでしょうか。

しかし正直キャップでも問題ないとは思いますし、これはお好みで!(笑

お店に寄ったら何点か被ってみて、合うものを選んでいただくのがよろしいかと。

むしろ種類よりも色とか柄とかですかね。

これもボトムスと同じ考え方ですが、あまり派手なものは目立ちすぎる・・。

帽子を被るだけでも印象に変化をもたらしてくれますので、

黒等の目立たない色でも十分なんじゃないかと思います。ザ・ベーシック。

 

 

以上おおまかですがトレッキングウェアを選ぶ基準を考えてみました。

ですが最終的には買う方のお気持ちしだいだと思いますので・・。

もし悩んでいて共感していただけたら参考にしてくださいね。

ありがとうございました。